絞り染め・有松絞りの久野染工場

生地加工の種類

絞り加工

縫う、挟む、括るの3通りだけで柄を作り出します。
その数は数百種類といわれています。
(加工可能生地:綿・麻・レーヨン・絹・羊毛・化学繊維)

染色加工

化学染料(スレン染料、反応染料、酸性染料)を使い染めます。
使用できる生地や柄に条件はありますが、草木染、藍染(インド藍)も可能です。
(加工可能生地:綿・麻・レーヨン・絹・羊毛・化学繊維)

形状記憶

特殊加工

生地に凹凸をつける技術。絞りと言えば柄で表現されていましたが、生地に形状を付け、今までにない絞りの表情を見せることができます。
(加工可能生地:ポリエステル)

塩縮加工

特殊加工

強アルカリを使い、生地を縮絨させます。
塩縮を使い、絞り柄を立体に作ることも可能です。
(加工可能生地:綿・麻)

縮絨加工

特殊加工

天然繊維を焼き切り、化学繊維を残す加工。
縮絨を使い絞り柄を立体的に作ることも可能です。
(加工可能生地:羊毛※防縮はNG)

オパール

特殊加工

天然繊維を焼き切り、化学繊維を残す加工。
化学繊維部分が透き通った柄になります。
(加工可能生地:羊毛ポリ混合・レーヨンポリ)

刺繍加工

雑貨からディスプレイまで
刺繍加工を施します。
(加工可能生地:綿・麻・レーヨン・絹・羊毛・化学繊維)

防炎加工

浸染で加工を施します。
(加工可能生地:綿・麻・化学繊維)